医療 カラコンについて

眼科医の指導を受けると医療的問題の発生を未然に防げます

コンタクトは、メガネよりも大きな視力矯正が必要な人に用いることを、原則としています。
そのため、コンタクトよりもメガネを用いることが、原則になっているのです。
これは、コンタクトを使用することによる、医療的問題が発生する可能性が高いからです。
もちろん、メガネでも大丈夫な人が、コンタクトレンズを使用している場合もあります。
しかし、いずれの場合においても、まず眼科医による指導が、コンタクトには必要なのです。
ところがカラコンは、眼科医の指導を受けることなく、用いることが多くなっています。
例えば、目の色を変えることが出来るので、外国人のような風貌に変化させることが出来ます。
あるいは、目の玉を大きく見せる効果を、演出することも可能なのです。
こうした手軽な利用による、医療的問題の発生が、社会的な問題として指摘されています。
したがって、カラコンを使用する際には、眼科医の指導を受けると医療的問題の発生を未然に防げます。

Copyright(c) 医療 カラコン All Rights Reserved.