banner

banner banner banner

医療機器であるカラコンを楽しむ為に

banner 街中でカラーコンタクトをつけて、ファッションとして楽しまれている方をよく目にするようになりました。
今や服を変えるかの如く、瞳の色も変えるのが当たり前のようですね。
瞳の色を変えるだけでキモチが高ぶれば、頼もしいものです。
カラコンは以前まで、ウィッグのように雑貨として販売されていました。
しかし、目のトラブルが相次ぎ今では一般のコンタクトレンズと同様に、高度医療機器として薬事法の対象となりました。
ちなみに高度医療機器の中には、心臓ペースメーカーなども含まれています。
厚労省の許可を受けているカラコンの場合、薬事法承認番号というものが付いてきます。
ですが、インターネットでは厚労省の承認を受けていないカラコンを購入することもできます。
日本のものだけでは物足りない方は、海外のものだとデザイン性により優れていますので、わざわざ海外から購入される方も中にはいらっしゃいます。
しかし、海外のものは承認や審査を受けていないものが数多く出回っている為、不安があるかとは思います。
ですので、もしそういった海外商品を購入される方は、よく考えた上で購入されてみて下さい。

名東区で口腔がんに長けた歯医者
10年培った診療経験で治療します

名古屋で2院生の歯科 
情報共有ができております

産後 腰痛でお悩みの女性はたくさんいるかと思います

中川区でお仕事帰りに通院できる歯医者
おしむら歯科です

妊活に悩むあなたのために渡邊産婦人科小児科はお力になります。

医療 カラコン一覧

banner コンタクトは、メガネよりも大きな視力矯正が必要な人に用いることを、原則としています。
そのため

眼科医の指導を受けると医療的問題の発生を未然に防げます

banner コンタクトレンズは、ある程度のこれまでの経緯のなかで、広く普及するようになりました。
例えば、

扱い方を学んでから装着すると安全です

banner メガネは、昔から日本人は利用してきましたので、扱い方を多くの人が知っています。
いっぽうコンタ

カラコンの扱い方の啓蒙が必要です

Copyright(c) 2011 医療 カラコン All Rights Reserved.