医療 カラコンについて

おしゃれ用カラーコンタクトは医薬品医療機器法の規制対象です

カラコン若い女性に人気で以前はつけまつげやウイングなどと同様に雑貨として販売されていました。
しかし失明のトラブルが多発したため、医薬品医療規制対象になつています。
これによりカラコンの販売は厚生省の承認が必要になりました。
人の生命や健康に重大な影響を与える恐れがあるとされる機器は高度管理医療機器に分類され、心臓ペースメイカーや歯科用インプラント、コンタクトレンズなどがそれに当たります。
コンタクトレンズは失明や角膜の傷など目の障害が大変危険度が高く、厚生省から承認を受けている場合は商品に薬事法承認番号が必ずついています。
しかしネツトでの購入に際しては海外で製造されている場合が多く、日本の厚生省の承認を得ていない商品も購入することができます。
海外で販売されているものは日本では発売されていない目が大きく見える効果を狙った直径が大変大きいカラコンが多く販売されています。
厳しい審査や承認がされていない場合があるため十分に注意が必要です。

Copyright(c) 医療 カラコン All Rights Reserved.